今朝のこの青空の下で君を送ろう

c0268775_16003747.jpg









今朝のこの青空の下で君を送ろう
散り始める桜の花びらとともに
褪せない少女の記憶とともに




      「大岡信を送る」より抜粋
             谷川俊太郎














桜は綿菓子のように
野も山も街もふんわりと包み込むのに



そのやわらかい美しさの向こう側に
哀しみをひそめているように感じます



桜を歌った曲を聴くと
メロディーのどこかに哀愁を感じます
あの童謡でさえも






出会いの向こう側に別れがひそんでいることを
日本人誰もがいつの間にか知っているのは
桜とともに生きてきたからかもしれません










[PR]
by fotoro | 2017-04-12 07:28 | お花 | Comments(0)


photo is love,photo for smile…


by fotoro

画像一覧