薫り梅

c0268775_07185278.jpg









どこからともなくいい薫りがした気がして

道を逸れてみたくなりました

毎日通っている通勤路









そこには

誰のためでもなく薫っているかのような

白梅の樹








顔を近づけるとさほど強い薫りでもなく









なら さっき感じたあの薫りは…



















香りとか薫りの記憶って
胸の奥深いところで ずっと眠り続け
ふとした瞬間に呼び起こされるものですね







[PR]
by fotoro | 2016-02-09 07:25 | お花 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://fotoro.exblog.jp/tb/25278851
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by korekazu at 2016-02-09 11:55
梅を撮るとしたら、やはりこちらの1枚のようにマクロが一つの手なのでしょうか。
いろんな方が梅を撮られてるのを見てふと思いました。
Commented at 2016-02-09 22:38
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by fotoro at 2016-02-09 23:05
> korekazuさん
マクロレンズで撮ると、肉眼では見られないレンズ表現の面白さに
つい引き込まれてしまいます
梅や蠟梅などの小さな木の花の雑作を追いかけると
やはりマクロで寄りたくなるのではないでしょうか
でも、マクロ以外でも素敵な梅の写真に
ブログでしょっちゅう出会いますね

ワタシの写真、花をモチーフにはしていますが
追いかけているのはいつも光なんです 笑

Commented by fotoro at 2016-02-09 23:10
> 鍵コメ様
お気遣いをありがとうございますm(__)m
かえって申し訳なかったです

はい、五感って写真に大切なんですね
春の花たちにはことのほか大切なのだろうと思います


photo is love,photo for smile…


by fotoro

画像一覧