マジックアワーの寄り道 Fermando sul modo di sera.

c0268775_14410813.jpg






古びた重い真鍮のドアを押すのに、
不思議と躊躇いはなかった。
ここは三度目に通る道。
いつもより遅い時間。
日が落ちて灯ったオレンジ色のランプが、
今日初めて店の存在を
私に教えてくれた。






「お邪魔します。」


白い髭を蓄えた異国人が
振り返って微笑んだ。



すぐに「いらっしゃいませ。」
店のオーナーらしき男性が
奥から顔を出す。
穏やかな声が店の雰囲気に合っている。






店内には
低くギターのセッションが流れている。
広くはないが、
心地よい空間に懐かしさをふと感じる。






Take a sheet,please.






勧められるままに缶ビール2本だけが入った
コンビニの買い物袋を足下に置いて
パイプ椅子に腰掛け
くるりと店内を眺めてみる






右手側から入ったあたりは
美しい杢目のギブソン・レス・ポールが
ひしめき合いながら指名を待っている。
手書きのコメントが入ったプライスカード。



反対側にはストラトキャスターのグループ。
ロゴを見た途端、懐かしくなって
片端から全部音を試して欲しくなる。
フェンダーたちの挑発的なボディの輝き。







My name is Jerry, nice to meet you.

Hi, I'm xxxx.

Do you play a guitar?

No, I'm a flutist.

You play a flute?! Fantastic!!







ああ、嘘ついちゃった。
ううん、まんざら嘘でもないか。
だって、写真撮っているなんて
この雰囲気じゃ言えないし。








俄かミュージシャンを気取り、
片言英語で音楽談義をひとしきり。








なんでこんなことになってるんだろ。
ちょっとの寄り道の展開に
足をすくわれそうになる。

ま、いいか。









Now Jerry, Is there any live stage of you at Nagoya?






「ちょうど今度の日曜日にライブがありますよ。
1959年のレスポールなんて
そうそう聴くチャンスないですよ。
今池のパラダイスカフェです。」



「今池ですか?!毎週行くんですよね。最近。
是非、行きます!」















黄金色の缶ビールの
かぐわしい香りとともに
舌の上で泡をころがしながら思う。





あのひとときは、
マジックアワーの魔法に違いない。




















[PR]
by fotoro | 2014-07-12 15:15 | おさんぽ | Comments(0)


photo is love,photo for smile…


by fotoro

画像一覧